スポンサーリンク

au by KDDI アンドロイド・スマートフォン 全般でバッテリーが持たない!

アンドロイドのスマートフォンをもっている人の中で、auのスマホだけ異常にバッテリーが減る、または、ここ最近になってバッテリーの減りが早いなど出ていませんか?

今日はそんな人たちのため?に私がいつも使っているアプリの紹介と、auのバッテリーが持たない原因のひとつの純正アプリ「au Wi-Fi接続ツール」について書いてみたいと思います。

まずは、電源管理アプリも多くのものが出ていて高機能なものが多いですね。
でも、その電源管理アプリ自体が、非常にバッテリーを消費していたりするのも事実です。
私がお勧めするのは「Battery Mix (バッテリーミックス)

常駐容量も少なく、設定次第でバッテリー消費量も抑えられる常駐型バッテリ消費監視ソフトです。

unnamedunnamed (1)unnamed (2)

で、じっさいにバッテリ消費の癌になっているKDDI株式会社の「au Wi-Fi接続ツール」が、どの程度消費をしているのか確認してみたところWI-FIがずーっと繰り返し接続先を探している状態(外出時)になっており、自宅Wi-Fiエリアから屋外に出ている間ずっと電波を探すために処理を行っているようです。CPUパワーも使ってますね。

Screenshot_2013-05-24-19-56-36

それでは、その「au Wi-Fi接続ツール」は悪者かというと・・・
はっきり言えば悪者です。

もともとauのスマホには「デフォルト」でインストールされていますから、いくら使えないソフトだと判っていても、削除できません。(rootの道を通ればできるよ!)

さらにバージョンアップ(Google Playの更新)やると更におかしくなる。

そこらの野良Wi-Fiを捕まえては無理でしたー、またやってみますー、やっぱだめでしたーってのを何度も繰り返すのでネットにつながらんわ、バッテリー食うわって感じです。

更に最悪なのは、「au Wi-Fi接続ツール」をGoogle Playの自動更新なんてやってると、勝手にWIMAX接続して知らん振りです。

KDDIはWIMAXを使えば月内525円で、使わなければ無料になっています。
バージョンアップ境に勝手にWIMAX接続が行われるのは私だけじゃなく結構いるようですよ。
525円毎回使いたくないのに嵌められたように請求されるのはいかがなものでしょう。
お金返して(T_T)

あとKDDIさん、まともにソフト開発ぐらいしましょうよ。
逆に言えば削除できないような自由性の無いキャリアソフトは一切不要ですから。

au Wi-Fi接続ツール」「au Wi-Fi SPOT」「Wi-Fi HOME SPOT」を利用するためのアプリと書かれていますが、極力避けて通ったほうが無難だと思います。
ユーザーレビュー欄も参考にしたほうがいいですよ

今話題の商品や、その他のおすすめはこちら

【Microsoft ストア限定】3点セット:Surface Pro (i5 / 256GB / 8GB モデル) + 専用 タイプ カバー (ブラック) + 専用 ペン (プラチナ) 【純正】JHH-00002
マイクロソフト
はっきり言って家の中、外出先で使うにはこれ一台ですべてOK! 私も使っていますがこれ1台ですべて対応できるのでディスクトップマシンの使用頻度が下がりました(^-^;

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック
BOSE(ボーズ)
上のSurface Proとセットで使用していますが、さすがBOSE! ほかのヘッドホンなどまったく使う気がしなくなるほど素晴らしいです。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
マイクロソフト
Microsoft Officeはパッケージで買う時代は終わり、これからは安価に最新版をすべてのパソコンにインストールする時代です。

カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応
カスペルスキー
3年間のコストは最安で、機能が充実しておりTRENDMICROよりも軽く、Symantecのように不具合も少ないおススメのアンチウィルスソフトウェア