徒然雑草 > 北朝鮮大陸間弾道ミサイル(今後の日本がこうなると勝手に妄想)

北朝鮮大陸間弾道ミサイル(今後の日本がこうなると勝手に妄想)


ちょこっと政治ネタと妄想話。
たまには妄想もいいかと(汗)

日本の政治家も防衛関係者も、マスコミも、今回の北朝鮮のミサイル発射について、日本の自衛隊で保有している追尾レーダーの場所や数、対応など詳細に公開していますが、これって回数を重ねると国の出方や考えかた、有事の軍準備時間などの手の内を相手や関係で敵国に情報を与えているようなものではないでしょうか。

国会答弁を聞いていても、静的からば動的な抑止力へと切り替えていきたいようですが、舛添氏の国会質問の通り動的抑止力に対する根本的な行動大綱や、範囲などが曖昧であり有事の際には行動に移せない「静的」というより「直立不動」になってしまうとおもってしまう。

平成21年6月の防衛会議での資料が防衛庁より公開されていますが、内容が薄く、未だに国会審議中での答弁で同じ事を言われてるわけですから、何ら解決していないわけです。
先の震災の時と同じく、何か直接的ダメージがあってからしか動けない、平和ボケ日本になってしまっているのかなぁと考えてしまいます。
http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/meeting/board/arikata-bouei/pdf/05/gijiyoushi.pdf

持論で 極端ですが・・・

若者の定職離れ・ニート・犯罪率上昇や全体的な税収低下・教育学力低下・体力低下・医療受診率上昇・防衛対策すべてを憲法と法律改正で一気に推し進めると激変していいと思うのですが。

  • 全国民徴兵制度 (16歳~50歳 年齢別カリキュラム 時間単位制 全企業協力強制 無職は時間単位の負荷上昇)
  • 税金名目一元化 (複雑な税金はすべて排除、税金項目を点数化して加算方式(車2台なら何点・不動産なら何点 マークシート記入で電算DB化))
  • 国民番号化 (国民背番号のようなもの。 医療受信記録から納税記録まですべてDB化)
  • 幼小中高大学の能力別生涯学習制度と全費用税制対応
  • 刑法の一斉改正 (罰金刑・実刑・執行猶予の年数を大幅に上昇させる。)
  • 民間企業の就業形態をデンマーク化を目指す。

デンマークの「子供は資源」の考え方と、定職つかずに税金払わずが無いよう代償を取らせる。
こんな一部、共産的かつ軍事的な考えが垣間見えますが、今の緩んだ日本には必要かもしれません。

今後の日本は、ほんとうに大変な時代が来ると思います。
頭の悪い私が考えただけでも、想像してみても実際に起こりそうな気がしてならないのですが・・。
そうなる前に、世の中が良い方向に向くよう何らかのアクションを行いましょう。

私の日本の将来想像。

  • ライフライン、都市部の崩壊
    高度経済成長期にほとんど国家総動員のような勢いで建築物や道路、橋などライフラインを建設しました。 第一次高度経済成長期は1954年~1973年らしいので2012年年の今年は古くて58年目になるそうです。 コンクリートの耐久年数は50年~60年と言われていますが、もう寿命が来ていると思われますし、地震大国日本でありますから、必然と多少のクラックなどはコンクリートに入っていると思われます。 都市部では首都高速などで渋滞になるとわかると思いますが、車両重量の分布変動で不規則周期の揺れ(共振)が発生していたりしますので、もっとひどいと思います。 残念ですが、一気に寿命が来ると思われるのでそれに対応するだけの【税収・国民・産業・景気】がその時には備わっていないと思います。
    スポンサードリンク


  • 高齢化社会と廃墟
    戦後から高度経済成長期に入り、復興を始めて作れや産めやのトントン拍子で人口も爆発的に増えて、本当に能力を持った【職人】さんが日本を築きあげてきましたが、残念ながら少子化時代に突入しました。 しかし、その頑張った企業戦士さんは引退の時期に入り加速度的に高齢者が増え、若者は急速に減るわけですので不動産価値は一部を除いて下落すると思われます。 マンションやアパートは新築や好立地の条件以外は確実に空き家になり、廃屋が増えます。 その空いた土地に商業施設といっても購買比率的には全国でその状態でしょうから、なにができるわけもなく。
  • 税収対策の妙案
    今後、数年は日本人の人口は増えることはないためにどんどん少子化となり、さらに景気は悪くなることから就職先も少なく失業者が溢れます。 ここで今までの日本とは違う妙案を出して来るでしょう。 それは日本人以外の外国人を移民定住受け入れすると思われます。 そうすると税収は上がりますが確実に海外のような異文化犯罪常習の街が生まれると考えます。 今の長閑な田舎と平和な日本は一変することでしょう。
  • 多能工化による技術の劣化
    私は工場勤めですが、生産工場であればどの会社も「トヨタ生産方式」を取り入れカンバンだの自働化(ニンベンのある働)だのやってると思います。 特に大手企業の殆どは一人で「なんでもできる」ことが美化され「多能工化」と呼ばれる動きがあります。 この多能工化とは、幾つもの作業能力を持ち合わせ臨機応変に対応できるベテラン従業員でキーパーソン。 さらに職場の鏡だそうです。 しかし、この大企業の経営者の皆さんも殆どの人は、気がついていないのではないでしょうか。 この多能工化の動きはちょっと勘違いすると、「なんでもできる=偉い」であり、「いろんなことができない=無能」と無意識に考えてしまうことです。さらに、決定的なのは上記の別項で挙げた、戦中戦後の本当に日本を、日本経済を支えた「職人」の技術を多能工化というMagicで薄いものにしてしまい、現在の技術力のない日本になってしまったともいます。 職人になるには見習いで入り何年も勉強して怒られて一人前になり、「専門職」となるわけで「その道のプロ」は応用や技術力を問うわけです。 その人為的応用の一つが「トヨタ生産方式」でしょうが自分で自分の首を閉めたようにしか思えません。 やっぱり、その道のプロを築きあげるべきなのでは? 海外が伸びている理由には賃金といいますが、私は違うと思います。 日本のリタイヤ組(現時点で60歳~80歳代)の人たちが海外に「多能工化」ではない「職人」を教えたからだと思います。
  • 治安の悪化
    別項で挙げたとおり、総人口が減り、外国人定住者が増えてくると不法入国者も増えてきます。今まで人が生活をしていて見えていた・見られていた部分が、人口が減って活気がなくなってくることと、日本古来からの風習や礼節が通用しない海外移住者の見えない部分が犯罪という形になって現れてくると思います。  そうなればアジア圏の方々が我らの領土とばかりに行動するでしょうし、南アフリカのヨハネスブルグ ソエトとか、メキシコ 麻薬マフィア戦争みたいな状態が生まれるのではないかと想像してしまいます。  それはそれで時代の背景がありますから仕方が無いのでしょうが・・・。
  • 海外への出稼ぎ
    現在の日本には多くの海外の方が出稼ぎに来ています。(世界的な比率では少ないですが) これからの時代は国内需要以外の仕事はほとんどないでしょうから、生産拠点がある海外に出稼ぎに行くことになるのではないでしょうか。 ようは国内空洞化。
  • 他国からの侵略
    衰弱しきったと言うよりは、周りのアジア圏のお国の戦略にはまり衰弱させられた感がある日本ですが、弱った体を見極めて過去に日本がやった侵略行為を他国が日本にする可能性があるのではないでしょうか。全てにおいて後手後手の日本は侵略しやすいですし、戦略拠点としても重要です。 さらに、将来は水資源がかなりの確率で需要が高まると思われるため、水を争っての戦争が起きるかもしれません。
  • 第三次世界大戦
    大昔から人間は戦ってきました。 平和な時があれば戦の時、交互に時代が訪れますが、周期的に訪れることで小規模のいざこざで平和を何とか維持しています。 この抑えられた平和の時間が長ければ長いほど、より大きな世界を巻き込んだ戦争になるような気がしてなりません。 最近は異常気象も手伝って水不足となり食糧危機も。 水や食料を巡って世界戦になる可能性もあるかもしれません。

※他国の方に対して、自国の方に対して、宗教や企業、団体に文句を言ってるわけではありません。 これからの世の中がやばいと妄想してみた結果です。
※転載不可

▼お役にたてたら、ブログ作成の励みに・・・・。


Comments are closed.

Post Navigation