スポンサーリンク

Windows7 Professional Anytime Upgrade Version

以前、Windows7発売前に期間限定予約先行発売をしていたWindows7 Professionalアップグレード版が届きました。

発売日当日にあわせて、福山通運で時間指定(正確には10月22日指定)で届き、外箱には「遅くもなく・早くもなく・時間通りに配送のこと」シールが張られていました。

仕事が忙しかったので、パッケージの確認もインストールもできてませんでしたが、今日はラジコン飛ばしにも行けないのでインストールしたいと思います。

誰かの参考になれば・・ ということで作業メモっておきます。

小生の環境
Windows Vista Ultimate OEM Version (ようはマザーボードやメモリと抱き合わせ販売タイプでDSP版ともいう。)

今回購入したWindows7
10日間数量限定先行予約販売Windowsありがとうキャンペーン品
Windows7 Professional Upgrade 32bit/64bit同梱 14,777円

Windows 7 Upgrade Advisor http://windows.microsoft.com/upgradeadvisor/

Windows 転送ツール http://windows.microsoft.com/windows-easy-transfer

今回は、Vista UltimateからWindows7 Professionalに事実上、ダウングレードになるため、クリーンインストールになりました。
そんなこんなで結局、32Bit環境のVistaから64BitのWindows7に変更しました。

作業は簡単ですが、メールだけは要注意です。
Windows7には標準メールソフトは付属していません。
Windowsメールの場合、XP・Vista環境の状態で一旦WindowsLiveメールをインストールしデーターを引き継ぎます。
その後、エクスポートでアカウント情報・メッセージ・アドレス帳(カード形式)を別ドライブ等へ保管する。
その他、すでにOSがインストールされているドライブパティーションを指定する場合は今までのOSをwindows.oldというホルダに移動するので(起動・復活はできないがデーターは残っているのでディスクトップとかマイディレクトリなどバックアップ忘れも安心!?)そのまま上書きクリーンインストール。
あとはWindows7を起動してからWindowsLiveメールをインストールしメールデーターを戻すだけ。

Windows7の使い心地ですが、動作が若干速くなった程度です。。

まぁ自己満足の世界でしょうか(汗)

今話題の商品や、その他のおすすめはこちら

【Microsoft ストア限定】3点セット:Surface Pro (i5 / 256GB / 8GB モデル) + 専用 タイプ カバー (ブラック) + 専用 ペン (プラチナ) 【純正】JHH-00002
マイクロソフト
はっきり言って家の中、外出先で使うにはこれ一台ですべてOK! 私も使っていますがこれ1台ですべて対応できるのでディスクトップマシンの使用頻度が下がりました(^-^;

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック
BOSE(ボーズ)
¥ 34,200(1970/01/01 00:00時点)
上のSurface Proとセットで使用していますが、さすがBOSE! ほかのヘッドホンなどまったく使う気がしなくなるほど素晴らしいです。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
マイクロソフト
¥ 11,581(1970/01/01 00:00時点)
Microsoft Officeはパッケージで買う時代は終わり、これからは安価に最新版をすべてのパソコンにインストールする時代です。

カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応
カスペルスキー
¥ 8,949(1970/01/01 00:00時点)
3年間のコストは最安で、機能が充実しておりTRENDMICROよりも軽く、Symantecのように不具合も少ないおススメのアンチウィルスソフトウェア