スポンサーリンク

AsusTek EeePC 1000H/XPにWindows7

404-1000H_3-thumb-220x262-403.jpg

Asustek EeePC 1000HXを使い始めて1年。。

160GBのSATAのHDDはPS3に移植し、64GBのSSDを搭載しました。

理由は遅いから+バッテリの持ちが違うから。

だけど、XPはもっさりしていて、ちょっとストレスがありました。
(Atom1Gに2GBメモリでネットブックだから仕方ないですが。)

そこで、1000HにWindows7を入れてみました。
今回はもともと1000HにWindowsXP/HOME 32Bit版が入っていましたので、Windows7 Professional 32Bit版をインストールすることにしました。

このASUS EeePC1000HXはDVDドライブ等、光学メディアドライブは未搭載で外付けUSB-DVDドライブが必要となります。
完全クリーンインストールの場合は尚更、必要なのですが。。。

買いに行くのも面倒なので、ネットワーク共有ドライブ経由でインストールすることにしました。

まず、LAN環境下にあるパソコンのDVDドライブを共有化し、セキュリティソフトの設定を共有化OKにします。
その後、Eeepc1000HXから「ネットワーク」-「コンピューター」-「対象のpc」を選び、共有されたドライブを右クリックで「ネットワークドライブに割り当てる」でドライブ名を割り当てます。

あとは親側のPCを電源切らず、もちろんDVDを抜かず、1000HX側でLAN経由でインストール完了するまで置いときます。
これであっさり、インストール完了です。

企業などではボリュームライセンスなのでこのインストール方法でやってます。

踏み台OSがあればかんたんですよね。

今話題の商品や、その他のおすすめはこちら

【Microsoft ストア限定】3点セット:Surface Pro (i5 / 256GB / 8GB モデル) + 専用 タイプ カバー (ブラック) + 専用 ペン (プラチナ) 【純正】JHH-00002
マイクロソフト
はっきり言って家の中、外出先で使うにはこれ一台ですべてOK! 私も使っていますがこれ1台ですべて対応できるのでディスクトップマシンの使用頻度が下がりました(^-^;

Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック
BOSE(ボーズ)
上のSurface Proとセットで使用していますが、さすがBOSE! ほかのヘッドホンなどまったく使う気がしなくなるほど素晴らしいです。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
マイクロソフト
Microsoft Officeはパッケージで買う時代は終わり、これからは安価に最新版をすべてのパソコンにインストールする時代です。

カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応
カスペルスキー
3年間のコストは最安で、機能が充実しておりTRENDMICROよりも軽く、Symantecのように不具合も少ないおススメのアンチウィルスソフトウェア