サバゲで毎年夏になると、”マスクからのゴーグルが曇る”ということが、最大の問題点になってきます。

そのたびに、マスクを買ったり、ゴーグルを変えたり。。

仲間が “これイイ!”っていえばすぐに飛びついてしまうぐらいの消えてなくならない装備の話題です。

OneTigris 顔保護ヘルメット PJタイプヘルメット ミリタリー風 オリジナル マスク&ゴーグル付属一体型 取り外し可 多機能 (ブラック)

今回、マスク&ゴーグルとヘルメットが一体になったものが良さそうなので使ってみた感想を少し書いてみます。

PJタイプのFastヘルメットでマスクとゴーグルがレイルで固定されるタイプです。

ヘルメット自体はPJタイプ エアソフトヘルメット 米軍レプリカ装備 マウントレール付Fastヘルメットと変わりはなく、まあまあのクオリティでゴーグルとマスクがヘルメットの曲線カーブに沿ったヘルメット一体型の装備です。

夏場に使ってみた結果から言うと、汗っかきな方はやっぱりゴーグルの内側に曇りができてしまうのは避けられません。

あと、跳弾などで下から流れてきた場合やマスクの通気孔が若干大きいところが数か所あるため、容易に入り込んでくる事は避けられないところはありますが、サングラスタイプからすれば安全な部類と思います。

 

頭や顔にあまり汗をかかない人にはレンズの曇りも少ないと思うので、デザイン的にも機能的にもいい感じなのでお勧めできると思います。

 

・気になる眼鏡を着けてプレイできるか?

眼鏡の横幅が大きく突出しているようなデザイン眼鏡以外は眼鏡をしていても使えると思います(検証不足でごめんなさい。)

眼鏡にもよりますがゴーグル部分のサイドの内側が眼鏡のフレームと干渉する可能性があるので幅の狭い眼鏡かコンタクトレンズってとこでしょうか。

眼鏡はばっちり大丈夫とはちょっと言えない微妙なところなので、ご自分の眼鏡とのフィッティングは現物合わせは避けられません。

 

頭部のフィット感はやはり心配なところですが、スペーサーがベルクロで固定されているので配置を変えれば高さやフィット感を変えることができ、顎紐もついています。

あと、ヘルメット後部にダイヤルがありヘルメットを固定できるのが一番いいところかも。

マスクとゴーグルをレールに取り付けるので ヘッドセットの種類によっては干渉する可能性もあるのでここも要注意!

長物のスコープなどを除く場合はマスクが干渉して見えにくいと思いますのでスコープの高さを細工する必要が出てくるかもしれません。

おすすめのカラーはブラックでタンカラーは明るめなのでちょっと浮くかも。

結局のところ綺麗にまとまった装備になるので、急いでフィールドに出る時など、サッサと3アイテムを同時に装着できるこのヘルメット&ゴーグル&マスクは本当におすすめだと思う。