スポンサーリンク

[解決] Windows 10 April 2018 Update(1803)が更新できない。

まもなく”Windows10 Windows 10 October 2018 Update コードネーム:Redstone 5 ビルド:1809がリリースされるというころに、やっと残り1台の1803更新ができなかったマシンがWindows Updateできましたので、その原因と解決策を忘備録として記載します。

Windows 10 April 2018 Update(1803)が更新できない。

症状
Windows 10のUpdateを使用し、更新を実施した場合に再起動を促される。
再起動の最中にUSBキーボード・USBマウスの接続が切れた状態になり起動途中でフリーズする。
ときどき0xC1900101-0x20017のエラーコードを吐いてブルースクリーンになる。
Windows 10のダウンロードページ(https://www.micorosoft.com/ja-jp/software-download/windows10)における「今すぐアップデート」を実行しディスクトップ上に”Windows 10 更新アシスタント”のショートカットが作成された状態で、”Windows 10 更新アシスタント”を実行するが、インストール直後の再起動時に、USBキーボード・USBマウスの接続が切れた状態になり起動途中でフリーズする。

マシン構成
マザーボード:Asrock X58 Extreme3
CPU:Intel Core i-7 920
x58のチップセットを使用したマザーボードはWindows10のインストール対象とはなっていない。
HDDコントローラー Marvell 91xx Config Driver のWindows 10用がほとんどない。
IDEモードをIDEからAHCIにしている場合に不具合が発生している模様。
HDDはSSD2台(起動ドライブともにAHCI)、HDD3台、DVD-RW1台、マルチメディア複合読み取りドライブ(MS/SD/microSD/CFなど)USB接続
仮想ドライブ2台

Windows 10 April 2018 Update(1803)がインストールできた構成と手順

  1. USB接続のドライブおよび周辺機器をすべて外す。
    ドライブ系は起動時にドライブレターが変わることがあるからか、接続した状態だとフリーズを確認。
  2. AHCI接続の起動SSDを1台のみにした。
    DVD-RWやHDDをすべて取り外し、起動時にはWindows10がインストールされたSSDのみに構成を変更した。
  3. Marvell 91xx controller AHCIモードのSSD
    Windows 10起動ドライブはなぜか高確率でハングアップする。
    再起動ののち、うまくいっても途中でフリーズする。
  4. BIOSの設定でレガシーUSB(legacy interface)設定を変更した。
    USB Legacy設定(USBレガシー)を起動時に”AUTO”モードにした。
    無効(Disabled)では起動時にフリーズし、有効(Enabled)だとキーボードが接続された直後にハングアップする。
    Numlockキーを押しても反応しない状態でハングアップすることを確認。
  5. 先のインストール方法で”Windows 10 更新アシスタント”のショートカットからは構成が壊れていると一瞬表示され更新がキャンセルされる。
    そのためWindows10の設定の更新とセキュリティを選択し、更新プログラムのチェックを行う。
  6. Windows 10 バージョン 1709(Windows 10 Fall Creators Update)の累積更新プログラムをインストール
  7. 再起動を行う。
  8. Windows 10 April 2018 Update(1803)のアップデートが自動的に行われ、再起動する。
  9. キーボード・マウスの接続が切れることなくインストールを継続。
  10. 2回の自動再起動を経たあと、インストールが完了。

原因と思われること。
複合的なトラブルのようで100%これでOKというわけではなさそう。

  1. ドライブが複数台ぶら下がっているとうまくいかなかった。
  2. USBのBIOS設定がなぜかAUTOモードだけ再起動時のキーボード・マウス認識時にフリーズしなかった。
  3. 試しにIDEモードの構成を一から作成しUSB設定を行った場合は問題なくインストールができた。
  4. Marvell 91xx controller AHCIモードのSSD Windows 10起動ドライブは高確率でハングアップするがシングルドライブにすると安定する。

結果的にはインストールはできたので、元の構成(外したドライブを元に戻す・USB接続すべて戻す・USBをUSB Legacy Enabledにする)に戻しても問題なくWindows 10 April 2018 Update(1803)に更新された状態で起動した。
このマシンだけサポート外のX58チップセットなので同じチップが載ったマザーボードユーザーはもしかしたら、同じように1803でつまずいている可能性がある。

未だ困っている方にお役に立てればいいのですが・・・・。

関係記事

Windows10 各バージョンによるサポート期間について

エラーコード 0xC1900101-0x20017

Windows 10 April 2018 Update(1803)が更新できない。

Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
マイクロソフト
¥12,019(2019/10/31 23:37時点)
Office 2019およびOffice 2019 for Macと便利なサービスが使える、オンラインコード1年版(新規/更新) プロダクトキーはEメール、Amazon「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ 」で確認可能
カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応
カスペルスキー
¥11,250(2019/10/31 23:06時点)
セキュリティソフトの性能比較テストで、7年連続1位を獲得(第三者評価機関 AV-Comparativesでの評価)

今話題の商品や、その他のおすすめはこちら

【Microsoft ストア限定】3点セット:Surface Pro (i5 / 256GB / 8GB モデル) + 専用 タイプ カバー (ブラック) + 専用 ペン (プラチナ) 【純正】JHH-00002
マイクロソフト
はっきり言って家の中、外出先で使うにはこれ一台ですべてOK! 私も使っていますがこれ1台ですべて対応できるのでディスクトップマシンの使用頻度が下がりました(^-^;
Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック
BOSE(ボーズ)
¥40,700(2019/10/31 23:28時点)
上のSurface Proとセットで使用していますが、さすがBOSE! ほかのヘッドホンなどまったく使う気がしなくなるほど素晴らしいです。
Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
マイクロソフト
¥12,019(2019/10/31 23:37時点)
Microsoft Officeはパッケージで買う時代は終わり、これからは安価に最新版をすべてのパソコンにインストールする時代です。
カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応
カスペルスキー
¥11,250(2019/10/31 23:06時点)
3年間のコストは最安で、機能が充実しておりTRENDMICROよりも軽く、Symantecのように不具合も少ないおススメのアンチウィルスソフトウェア