東京マルイから販売されている自衛隊制式銃 89式5.56mm小銃ガスブローバック固定銃床型のレビューです。

発売当初は人気殺到、予約者が多すぎて商品発送が間に合わないなど、いろいろとお騒がせした久々のヒット商品。

”89式小銃って?”

64式小銃の後継モデルとして開発された小銃で豊和工業が製造し、その名の通り1989年に正式化されました。
64式は7.62mmだが、89式は5.56mmであり、射撃反動も低下することができ重量も800gほど軽量化できたおかげで銃弾の弾倉カートリッジは64式20発から比べて20発/30発カートリッジの2種類を用意できるようになった。
このことから、携行弾帯6弾倉として60発ほど多く携行できるようになった。
銃本体にダットサイトやフラッシュライト装備できるようになったため中短距離・閉所戦闘にも耐えうる名銃となっている。

東京マルイ No.6 89式5.56mm小銃 固定銃床型 18歳以上ガスブローバックマシンガン
東京マルイからは電動の89式も販売されているので、ガス特有の射撃感を楽しめる要素が増えたと思います。

電動でとにかくバラバラ撃つというスタイルから、一撃必殺的なガスガンの一発入魂射撃が楽しくなるわけです!

 

今回のガス銃は固定銃床型で作りもしっかりしており、電動ガンと構造以外は共用している部分もあります。

ハンドガード部分は電動ガンのヘタレプラスチックとは違い金属スチールと樹脂カバーとなっており、作りとしてはガスガンのほうが値段も高い分がっしりしています。

HOP調整はハンドガードを取り外しての作業となるので面倒かも。

ただ、HOP調整はノッチ式ではなく無段階調整式になっているので微妙な調整もできるので結構いい感じです。

M4ガスブロよりも、ハンドガードを外す行為はあるものの、かなりホップ調整が楽になっています。

セレクターが左側でも操作でき、電動と違ってコッキングハンドルも最後まで引ききれます。

なんといっても東京マルイのガスブローバックでは初となる「3バーストメカ」搭載なので実銃に沿ったモデルになっています。

重さは約4キロ程度あり、実銃の3.5kg(マガジンを除く)より重くなっているのは亜鉛ダイキャストフレームの影響かと思われます。

メーカーによると”Zシステム”によるインナーバレルのセンター出しによって、ガスブローバックライフルとしては、高い命中精度を維持できるらしい。

ブローバック作動時にボルトキャッチ部分が受ける衝撃を緩和し、ボルトキャッチの破損を防ぐ緩衝システムです。
M4ガスブローバックからこのZシステム機能を搭載しているがZシステム89式Versionとして搭載しています。

気になる初速測定結果ですが、気温28度での弾速測定で82m/sってとこです。

真夏での測定はしていませんが、おそらく直射日光に近いところに放置していると危険レベルかもしれません。。

 

ガスブローバックということで射撃反動もそこそこあり、連射でのリコイルと射撃音は楽しいです。

すでに電動の89式を持っている方でもガスブローバックタイプの89式で一発ずつ狙いを込めて撃つ感覚は電動とは違い重さが感じられるのでガスの魅力を味わえると思います。

 

自衛隊装備大好き!な方たちには必須のガスモデル。

 

”電動でパラパラ打ちまくってる89式とは違いまーす”感が射撃中に感じるので自衛隊装備を極めている方はおすすめ。

 

Sutekus 4 MOA ドットサイト 赤/緑ダットサイト 照準器 20mmレール対応 レッド/グリーン

あと、マルイ電動89式を持っておられる方はマウントベース共用ではないので注意してください!!

売上向上を狙ってなのかは知りませんが、電動のマウントとガスのマウントは形状違いで互換性がないので各々購入する必要がありますので念のため。