スポンサーリンク

防犯を意識した住宅作りの考え方


スポンサーリンク

防犯を意識した住宅作りの考え方

防犯システムは住宅建築前の設計段階から、防犯・老人徘徊・子供・ペット確認までカバーします。

 

日本は今、人口減少により安倍内閣は外国人労働者を国内に流入させようとしています。
外国人労働者は今後の日本を支えることには一理あると思いますが、同時に外国人労働者のすべての方が真面目で勤勉な方だけではありません。
外国の自国のルールの考えのまま日本に住み、悪行を働くものが今、現在でも多く発生しており社会問題化しています。

 

さて、マイホームを検討しているあなたは、こんな世の中でリスク管理をしたマイホーム設計を行っていますでしょうか。
防犯システムは犯罪を防ぐだけではなく、犯罪が起こってしまった際の記録であったり、家族の行動管理(両親の徘徊行為の確認)、留守中の子供の行動やペットの日頃の行動までカバーできます。
マイホームを設計するうえで、設計段階に若干の投資を行うことで防犯対策の基礎を作ることができますので、ぜひ防犯システムづくりをしてみませんか?

 

防犯システムって大げさじゃない?

あなたは実際に泥棒やいたずらなど経験したことはありますか?
経験した人は、犯人が分からずものすごく気持ちが悪い生活を送らなくてはならなくなり、しいては見えない不安などから「うつ病」など精神疾患に追い込まれることがあります。
いつも安全とは限らないこの世の中で、隣人はずっと同じ人が住んでいるわけではなく、良い隣人が引っ越ししたり、建物が一戸建てからアパートなどに変わったり、はたまた飲食店に代わってしまうなど、あなたの思っている以上に世の中は毎日動いています。

そんな時間経過の中で「安心」などは無いと思ったほうがよく、「何か起きるかも?」といったリスク管理を徹底することが先決です。

 

防犯システムの基礎を構築するだけ。

防犯を意識した住まいづくりは、家を建ててからではかなり制約が大きくなります。
防犯システムを調べるとわかりますが、防犯カメラを設置するには電源と映像を流す配線が必要になります。
今でこそネットワーク配線をWi-Fi規格でLAN接続できるようなネットワークカメラが増えてきていますが、電源だけは準備しなければいけません。
そこで、住宅を建てる前の設計段階で電源とネットワークコンセントを準備しておくだけで、のちに発生する工事費や取付制約をクリアすることができます。

 

マイホームの設計段階で組み込む内容

まず、防犯カメラというと屋外と思われる方も多いかと思いますが、その考えは間違っています。
犯罪を犯す人はかなり用意周到で、防犯カメラの位置や住民の行動など、よーく見て時間をかけて状況把握し泥棒行為を行います。 いうなればターゲットにされているわけです。
ですから、防犯カメラは屋外はもちろん、室内に取り付けるべきものだということを認識しましょう。

玄関が映像の中心となる廊下の奥に設置する。

まず、防犯カメラの設置予定の場所として、玄関を開けたホールにつながる廊下の天井にネットワークカメラ(防犯カメラ)を設置することを検討しましょう。
必要になってから後付けできるように、廊下の天井にLAN配線化したLANコンセントと100V電源コンセントの2つを準備します。
こうすることで、高解像度のネットワークカメラで暗視撮影もでき、玄関から侵入した犯人をとらえることができます。

住宅の外周を撮影できるポイントを外構設計を含めて検討する。

人が侵入しやすい場所は玄関だけではありません。 家の周囲に塀がある場合はどこからでも侵入することができますし、敷地内に入ってしまえば垣根や塀は周囲から侵入者を隠せるためデットゾーンとなります。
家の外周は外構工事で後回しになることが多いですが、防犯意識をもって外構デザインを構築したほうがよいでしょう。
防犯システムは必ず、自動照明機能がついた外構ライトの周囲に設置できるよう、電源を準備しておくことをお勧めします。
基本的にはネットワークカメラで映像をWi-Fiで送信させる方式のものを選び、電源だけを確保できれば良いものでOKです。 設置の際は外構ライトで照らされた部分を撮影できるように設置を考えますがライトの光が入り込み色飛びや映像飛びが出ないように考慮する必要があります。 暗視機能付きの防水カメラも発売されているので検討するとよいでしょう。

駐車場への無断駐車やクルマへの損害を考えて設置を検討する。

よくあるのが住宅の前の道を歩く人が物を投げ入れたり物損させる行為を行うことです。
我が家の場合は、お向かいの個人商店に来た買い物客が、オープン外構の我が家の駐車場に勝手に駐車するという事案が発生しました。
ごみの投げ入れなどや車へのいたずら、盗難など「まさか、自分には関係ないと思っていた」では済まされない事態が発生することが必ずして往々に発生するものです。
一戸建ての防護の道は、設計の基礎段階から、駐車場など道路に面した範囲をカバーできる防犯カメラの設置場所を検討するとよいでしょう。

防犯カメラの設置は後から必要になった時に準備すればよい。

電源とLAN配線など設置予定の場所に準備できれば、あとは必要になった時に設置するだけです。
Amazonなどで防犯用ネットワークカメラが多数売られていますので、必要な時に必要な数のカメラユニットを購入して映像をNASサーバーに録画するだけです。
設置工事は電気屋に依頼すれば1か所 数千円で済みますし、自分で設置も可能です。

【音声録画】A-ZONE 300万画素タイプ POE給電カメラ 防犯カメラ 監視カメラ ハイビジョン 1TBHDD内蔵 4ch IP67防水防塵 赤外線 動体検知録画 最大8TB対応(3MP録音カメラ4台+ 1TB HDD)
A-ZONE
¥33,900(2020/03/30 08:26時点)
✅【3MP超高解像度】フルハイビジョンを超えた300万画素の高解像度を実現!従来製品 FullHD 200万画素のカメラに比べると高解像度撮影が可能で、F=3.6MMより広範囲で高鮮明な映像を撮影することができでます。最高なデジタルズーム機能搭載して、監視画面でマウスの左ボタンを押しっぱなし選択、局部を拡大することができます。犯人の顔や車ナンバーを特定する事ができます!防犯役割を果たします。
【人感発光・IPS一体型】YESKAMO 防犯カメラ ワイヤレス 屋外 16インチモニター 1080P マイク付きカメラ 録音 双方向通話 増設可能 音声警報 PIR人体検知 センサー発光 カラー映像 IP66防水防塵 200万画素 スピーカー搭載 人感LED 4個搭載 夜間撮影 H.265圧縮技術 IPS液晶パネル 8チャンネル録画機 Wi-Fi 監視カメラ 無線 スマホ/パソコン遠隔監視 防犯カメラセット HDD(付属しない)映像保存(1080P PIRマイク付きカメラ4台+16インチ一体型)
YESKAMO
¥54,800(2020/03/31 14:51時点)
✅【16インチ一体型・IPSパネル・200万画素】:防犯キット内の一体型録画機は16インチほど大きいディスプレィーが搭載し、14インチのノートパソコンより画面が大きいので、映像観覧と操作に便利です。更に、普段なVA/TNパネルでなく、コストが高いIPS液晶パネルが搭載しており、上下左右どこから見ても美しい発色が行えて、お家の様子を鮮明ではっきりと観覧できます。IPカメラはフルHD 1080P高画素数と1/3” CMOS画像センサーが配置され、期待以上高画質な映像をもらえます。IP66メタル製の監視カメラは防水防塵で、屋外に対応し、耐久性と耐候性が期待できます。
ZOOHI 監視カメラ モニター付き 防犯カメラセット 屋外・屋内 防水防塵監視カメラ 15.6インチ wifi 赤外線 暗視対応 4台無線カメラ モーション機能 配線不要 常時録画 2TBハードディスク内蔵 8チャンネルレコーダー カメラ増設 ハイビジョン スマホ 200万画素
zoohi
¥45,899(2020/03/30 21:33時点)
▲「簡単設定」取付が初めての方でも大丈夫!出荷前に全て機器がマッチング済みので、複雑な設定が不要で、日本語の取扱説明書が付く、録画機とカメラは電源ケープルで接続します、簡単に接続出来ます。有線の代わりにワイヤレスで信号伝送し、設定不要で即監視!インターネットに繋げてスマホ、pcで楽々監視!!
【最新 ネットワークカメラ wifi 小型 監視カメラ 1080P 200万高画素 ドーム型 防犯カメラ 双方向音声 遠隔操作 暗視撮影 屋内 ベビー ペット 子供 見守り 老人等留守番 スマホ iPhone/iPad/パソコン 日本語アプリ対応 日本語説明書付き (ホワイト)
SUTOMO
¥5,399(2020/03/30 08:26時点)
【高画質の防犯カメラ】この防犯カメラの解像度は1080P、200万画素ですから、なかなか綺麗な映像を映します。横355度、縦80度と広い範囲の首振り監視することができます。専用の携帯アプリで画面を拡大/縮小/転向する操作が可能です。死角せずに全面保護が行います。電波法認証(TELEC)済み。PSE認証済み。
【令和2020最新版】ANRANワイヤレス 防犯カメラ 屋外 モニター付け wifi 監視カメラ 1080p 4台 ワイヤレス ネットワークカメラ 屋外 屋内 wifi 200万画素 防犯カメラ ip66 防水防塵 夜間 赤外線 家庭用1TB HDD付き 長時間録画 遠隔スマホ 動体検知 警報通知 暗視 技適認証済み
ANRAN
¥46,749(2020/03/30 08:26時点)
✅【別途モニターを用意しなくてもよい!】:2020年を素敵に迎えるために、2020年を素敵に迎えるために、ワイド液晶ディスプレイ付け防犯セットが盛大に登場しました。ほかのワイヤレス防犯カメラ屋外セットは200万画素以下、更に200万画素でも監視カメラの材質やコストにより画質が違いますが、ANRANは最新技術搭載している上質wifiカメラを使用しており、耐久性と安定性が優れています。しかも、36個LED 、IR-CUT機能が搭載し、200万高画素数を配置して、フルHD 1080Pよりもっと精細で綺麗に録画し、暗闇の中で最大10mまで見えます。wifi無線 カメラ本体は暗視機能も付いて、光線の強さにより、自動的に昼夜モード切り替えて、映像は昼間カラーで、夜間白黒です。無線カメラ見かけはIP66メタルケースで、防水防塵テストと丈夫さテストに通過され、経年劣化に強く、ほこりや雨を効果的に防ぎ、屋内防犯カメラと屋外監視カメラとして対応します。
ANRAN ワイヤレス防犯カメラ 1080p 12インチモニター 4台  wifiカメラ 遠隔監視 ip66防水 動態検知 2TB付き
ANRAN
¥45,999(2020/03/30 21:33時点)
【防犯カメラ wifi 接続】▲ワイヤレス防犯カメラは複雑な配線工事不要、安心 簡単なホームセキュリティシステム!見通しの良い環境下で最大100Mの電波到達距離、木造家屋でのご利用の場合、20~40mを目安としてご利用頂けます!防犯レコーダも防犯カメラもPSE認識取得の電源を採用して、安心+、防犯カメラ本体IP66防水防塵仕様により屋内外設置頂けます!