スポンサーリンク

[エアガスガン] Heckler & Kock HK45 Gas Blow Back Air Soft Gun

スポンサーリンク

H&K HK45 ガスブローバックハンドガン

Heckler & Kock HK45 Gas Blow Back Air Soft Gun
ヘッケラー&コッホ社が2006年に軍用で開発しその後、民間向けに開発されたハンドガンはMK23をベースに5万発以上の発砲に耐えうる耐久性とメンテナンス性を重視し、.45口径の銃弾を10発以上装填できることをキーワードに誕生しました。

米軍SOCOM向けに開発された拳銃

このH&K HK45は2005年にアメリカ合衆国特殊作戦統合軍(SOCOM)向けにトライアルコンペに出品するために開発されたハンドガンです。

もともとM9がそれまで使用されていましたが、メンテナンス性に重点を置き、より新しいガンシステムを後継モデルに求めたためにH&KのUSP、P30をベースとして開発されました。

制式採用はされなかったものの海軍特殊部隊のSEALs隊員がHK45の派生モデルHK45Cを携帯していることが話題になりました。

民間用で販売され有名に

アメリカ軍のトライアルコンペでは制式採用されなかったものの、その後2007年には民間向けに見直されたHK45が発表されメジャーデビューしています。

東京マルイがガズブロでモデルアップ化

東京マルイがポリマーフレームのHK45を実物からスケールアップして販売を開始しました。

最近のサバイバルゲームでは女性の人気も高く、女性になじむハンドガンを意識されているのかハンドグリップには厚みが違うグリップバックストラップが2種類(S/Mサイズ)を用意し、握りやすさを調整できるようになっている。

ガスブローバックにはHK45タクティカルモデルも

東京マルイガスブローバックシリーズでは初のサイレンサー装着可能モデルで重量は851g(標準HK45:782g)の標品構成です。
サイレンサーは軽量アルミ材を使用し、サイレンサー未使用時のマズルのネジ山を守るマズルプロテクターを付属しています。 サイレンサーに対応するため、金属とプラスチックのハイブリッドアウターバレル採用しています。

※スペアマガジンはHK45ガスブローバックと共通です。

電動ハンドガンのHK45も

東京マルイからはガスブローバックタイプのHK45だけではなく、冬場に威力を発揮する電動ハンドガンタイプのHK45も販売されています。

夏はガス圧マックスのHK45を使用し、オフシーズンには電ハンのHK45と使い分けるとよいと思います。

 

HK45の仕様

全長 204 mm
銃身長 100 mm
重量 782 g(空マガジン装着時)
BB弾 6mm BB(0.2〜0.25g)
駆動 ガス
装弾数 26発(マガジン実数)
型式名称 HK45
種目 オートマチック・ハンドガン
付属品 HK45本体
マガジン(装弾数26発)
バックストラップ(S/M)
保護キャップ
グリップ交換用治具
取扱い注意・説明書
クリーニングロッド
BB弾(0.2g/100発)

HK45用のホルスターはBLACKHAWK!が一番イイ!

HK45用のホルスターは共用モデルホルスターで収納するより、BLACKHAWK!のリアルホルスターのほうがとてもカッコよく、実用的に収納できるので一押しです。

おススメの補充ガスはこちら

ガスガンのガスは多く売られていますが、定番ガスはLayLaxのハイバレットガス 460mlです。
ガス圧安定にはこのガスが一番相性がいいです。
いろいろ試しましたが、何が違う?と思いながらもLayLax ハイバレットガス 460mlの時は安定していると自分では思うのでリピート買いしています。

スポンサーリンク
サバイバルゲーム
この記事を下記のSNSでシェアをする。
コス太郎をフォローする
スポンサーリンク
徒然雑草