スポンサーリンク

Windows 10 May 2019 Update(1903)ストレージ構成に制限。

スポンサーリンク

Windows 10 May 2019 Update(1903)ストレージ構成に制限。

Microsoftは2019年5月にアップデート配信を予定しているWindows 10の次期大型アップデートMay 2019 Update(1903)において、アップデート時のストレージ構成によってはアップデートができないことがあることを情報公開したようです。

ストレージ構成に制限がある。

May 2019 Update(1903)のアップデート時において、PC本体にUSBストレージまたはSDカードを使用中のパソコンではアップデートができない事を公開しました。

このMay 2019 Update(1903)Updateではアップデート適用時に、パソコンに接続されているUSBを利用した外部ストレージや、SDカードなどの外部ドライブが接続されている場合、再起動時に従来のドライブレターではなく違うドライブレターを割り当ててしまうことがあるとのことで、アップデート時には外部ストレージを一時的に解除しておく必要がある。

外部ストレージ類を外せば問題なくアップデートができる。

このアップデートでは、ドライブの不適切な再割り当てが行われる可能性があるために、USB外部ストレージやSDカードをマウントした状態(利用中)のシステムではアップデート自体をブロックすることで、トラブルを回避する仕様にしている。

USBストレージやSDカードをパソコンから外せばアップデート自体は可能であるが、内蔵ドライブでも容共によってはドライブレター(ドライブ名)が変更されてしまうことがあるとのこと。

インストール後にドライブレターが変わってしまった場合はコントロールパネルにある管理ツールからコンピュータの管理を選択し、記憶域のディスクの管理でドライブレターを再設定する必要がある。

この現象が出るユーザーは1803、1809Updateユーザーのみ

この現象が発生するのはWindows 10のアップデートバージョンが1803または1809のアップデートを過去に実施したユーザーのみ発生し、それより古いバージョンのWindows 10は問題なく1903アップデートが可能である報道もあるがその真意は判らない。

Microsoftは修正を検討している

Microsoft は1903のこの問題をよく思っておらず、できればこの問題を修正したいようだ。
この問題点を心配する環境であるならば、しばらくはアップデートを控え、対策完了のアナウンス後にアップデートすることをお勧めする。

ちなみに次期アップデートからはアップデートを任意に延期できる機能が追加予定です。
既存のバージョン1803、1809向けにも5月下旬までに提供される予定だそうだ。