スポンサーリンク

[Android端末] Microsoft Outlook IMAP 送信エラー”受信者のうち1名~”対策

スポンサーリンク

アンドロイド端末 Microsoft Outlook IMAP 送信エラー ”受信者のうち1名以上が見つからないため、メッセージを送信できませんでした。受信者の一覧を確認して、もう一度送信してください。メッセージは下書きフォルダーに戻されました”

Android端末をスマホで使用していますが、今回初めてマイクロソフトがAPPとして提供しているアンドロイド版アウトルックアプリをインストールしました。

 

様々なメールアカウントを一つのアプリで管理できるので、よろこんで入れてみたもののどうもメールの送信がうまくいかず、かなりてこずってしまいました。

結局はこのエラーメッセージがそもそも間違っていることになりますが・・・

詳細はのちほど。

エラーが発生しましたと表示される。

実際のキャプチャ画面ですが、Android端末のMicrosoft outlook Appはメールを送信しようとすると次のようなエラーを出力し、メールは送信できません。

 

エラーが発生しました

”受信者のうち1名以上が見つからないため、メッセージを送信できませんでした。受信者の一覧を確認して、もう一度送信してください。メッセージは下書きフォルダーに戻されました”

このようなエラーが出たあとは、送信されずに下書きフォルダに移動してしまいます。

これはIMAPに特化したものではなく、エラーの表示内容にも一致しない別の要因なので注意が必要です。

 

 

 

送信時のメールアドレスに原因がある。

このエラーが出るメールアドレスはレンタルサーバーのメールアドレスを使用している場合に往々に発生します。 その原因としてレンタルサーバーでは海外サーバー、国内サーバ問わず取得ドメイン管理をしているサーバー設定に海外からの「SMTP認証の国外アクセス制限」というものであることが原因です。

SMTP認証を行う際、国内拠点のIPアドレスを経由するもののみを受け付ける設定になっているため、Outlookが海外拠点のIPを経由することで、レンタルサーバー設定のメールアドレスはアクセス制限にひっかかり、送信エラーとなります。

原因は「メール送信時のSMTP海外アクセスに許可しているかどうか」なのですが、不親切にもマイクロソフトのアウトルックはエラー内容が全く別な(ある意味、意味不明な)メッセージを返すために混乱する原因になっています。

キャプチャ画面ではX-Serverというレンタルサーバーでの設定画面ですが、大概のレンタルサーバーでは専用パネルが用意されていますので、メールに関する項目の中に「SMTP認証の国外アクセス制限」という項目または、SMTP認証に関する項目を確認してください。

設定は海外からのアクセスを許可するに変更するだけでメール送信できない問題は解決します。

今話題の商品や、その他のおすすめはこちら

【Microsoft ストア限定】3点セット:Surface Pro (i5 / 256GB / 8GB モデル) + 専用 タイプ カバー (ブラック) + 専用 ペン (プラチナ) 【純正】JHH-00002
マイクロソフト
はっきり言って家の中、外出先で使うにはこれ一台ですべてOK! 私も使っていますがこれ1台ですべて対応できるのでディスクトップマシンの使用頻度が下がりました(^-^;
Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック
BOSE(ボーズ)
¥40,700(2019/10/31 23:28時点)
上のSurface Proとセットで使用していますが、さすがBOSE! ほかのヘッドホンなどまったく使う気がしなくなるほど素晴らしいです。
Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
マイクロソフト
¥12,019(2019/10/31 23:37時点)
Microsoft Officeはパッケージで買う時代は終わり、これからは安価に最新版をすべてのパソコンにインストールする時代です。
カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応
カスペルスキー
¥11,250(2019/10/31 23:06時点)
3年間のコストは最安で、機能が充実しておりTRENDMICROよりも軽く、Symantecのように不具合も少ないおススメのアンチウィルスソフトウェア