スポンサーリンク

DL-HGY-002 ヒートガン無段階調温切り替え付き

DL-HGY-002 無段階調温1600wヒートガン

先日、3Dプリンタでプリントした成型物の表面が荒かったため、PLA素材の表面慣らしに使うためヒートガンを探していたら安価なヒートガンがあったので購入してみました。

マキタのヒートガンが一番いいと自分は思うのですが、資金力がオジサンにはこのヒートガンがすっごく魅力的に見える訳です。 金銭面で( ;∀;)

せっかくなので購入したついでに使用レビューも書いてみたいと思います。

購入を検討している方の役に立てば幸いです。

ヒートガンでは一番安かった

Amazonで2020年5月16日に届いた時点で購入価格は2,280円で、Amazonで売っている中では一番安価な品物でしたので安物買いの銭失いがわかっていても買ってみました。

表かは★4つなのですが、コメント欄はビミョーなところも見え隠れしていました。

単調な白い箱にはしっかりMade in China。
当たり前ですが、この値段を維持できるのはChinaのおかげであって、日本製ではありえない価格をたたき出してくれますが、中身も更にいい加減だった場合も価格に反映されてますから博打みたいな気分になります。

特に単調な白で無印刷のものは・・・。

届いた箱にはノズルやよくわからない棒みたいなものが入っており、説明書は紙切れ1枚。
いつもの中華製品にある”使えばわかるやろ”的なところを感じさせる中身でした。

 

この写真は包装材(袋とプチプチ)を取り除いただけ。
ほぼこの状態でガラガラ音を立ててAmazonの配達員が持ってきてくれました。
※まぁこの時点でヤバいなぁと感じました。

ヒートガンの仕様

本体サイズ25×20×7cm
本体重量0.71kg
温度50-600℃(HIGH)
50-400℃(LOW)
風量480L/min(強風)
240L/min(弱風)
電源110v AC50/60Hz
消費電力1000W-1600W (LOW/HIGH)
コード長さ約1.5m

2280円のヒートガンですが、600℃で480L/minが出るようですが、手持ちのガラクタたちには温度測定やら風量測定などできるものがなかったので、ふ~んって感じでスルーしました。

だって、書いてある通りになるとは思ってないですし。
Chinaですし。

実際に使ってみたら、まぁ使える。

実際に電源を入れて使ってみましたが、強風設定で風量が日本製だと中ぐらいかと思うくらいの風量であり、がっつり強風が出ているとはいいがたいところがありました。

温度の上がり具合は日本製のほうが早く、やっぱり立ち上がりが悪いのかかなり遅いのですが温度が上がってしまえば普通に使えました。

ノズルの包装に使っていたビニールをヒートガンに近づけてみましたが、あっという間に解けましたのでラッピングフィルム貼りや、熱収縮チューブに使ったりPLAの3Dプリンタモデルの表面を慣らすには問題なく使えそうです。

無段階調温の機能は紛らわしい

このヒートガンには無段階調温機能がついているため、2280円でしたが機能がついていないものは2000円程度でした。
本体の後ろにある黒いリングを回すことで調温調節するのですが、パッケージを開けてすぐはこのリングを回すと風量が変わると勘違いしてしまいました。

理由は背面から空気取り入れができるような溝があったから。
でも、よく見ると溝はふさがっており、写真の通り側面のバリだらけの穴から空気を取り入れていてリングは無段階調温のダイヤルとなっていました。

無段階風量調節ではないので当たり前ですが、勘違いしてしまいました。

中華製品なので分解してみたが・・

2280円の中華製ヒートガンということで、高温になり1600wも消費する品物なので安心して使えるものかやっぱり気になるところなので分解してみました。

構造自体はシンプルなのですが、耐熱線ぽいものを使い最低限のモノって感じでまぁ仕方がないと変に納得してしまう感じ。

調温コントロール部のバリコンは中央直付けで何度も回すと壊れそう。

モーターは背面に基盤直付けしておりやっぱり心配なところがありますが、この商品はヒートガンなので使用中に目を離すこともあまり考えられないのでまあ、ええわって感じ。

ただ、ヒューズが無い(あったらすみません)っぽいのでショートしたりするとブレーカーが落ちる羽目に

なるような気がします。

あと、CEマークはありましたが、PSEマークはどこにもありませんでした。

気になる方はマキタやボッシュのヒートガンを買った方が安心できます。
まぁお金で安全安心を買うということですね・・・。

ヒートガンの動画を作成しました。

この2280円ヒートガンの動画を作ってみました。
使用中の音も気になるでしょうし、どんな感じか動画でご確認ください。

徒然雑草チャンネル 0002 DL-HGY-002 ヒートガン

この記事で紹介したもの・関係商品など

Dlmond ヒートガン ホットガン 強弱風量切替2モード 無段階調温可能 1600w 50-600℃ ホットエアガン 熱風機 熱処理 DIY 修理 補修 乾燥 剥離 加工 多用途 アタッチメント付 4種類ノズル 1本三角スクレーパー PSE認証
Dlmond
¥2,280(2020/05/16 20:23時点)
【風量2モード+無段階調温】風量480L/minとなる強風モード、調温範囲は50-600℃、最高温度は600℃に達します。風量240L/minとなる弱風モード、調温範囲は50-400℃となっています。それに無段階調温機能も搭載し、使用する時にニーズによって低温にも高温にも調整可能です。
Mirao ヒートガン 小型 熱風機 急速加温 200℃ エンボスヒーター 130W/110V ヒートツール PSE認証済み ホットエアガン DIY手作り 加工 塗装 手芸 乾燥 熱処理 溶接 剥離対応 ミニホットガン
Mirao
¥1,580(2020/05/16 20:23時点)
【急速な加温・温度制御装置】理論的には、電源に挿しますと、数秒以内、素早く200度に到達することができます。時間が節約されますし、作業率も大幅にアップさせられます。またヒートガンの内部に電気回路が配置されており,電流が上昇し、温度が異常に高くなると、温度制御装置は自動的に電源を切断して、電気回路を保護すると共に、火災を防げられます。