スポンサーリンク

Windows Live Essentials 2011がうざい。

Windows 7には標準メーラーは装備されなくなったため、Windows LiveパッケージのWindows Live Mailを使っていました。
Messengerやその他の機能は面倒なのでインストールしなかったのですが、今日の朝にパソコンを立ち上げると更新ファイルとして「Windows Live Essentials 2011が更新できます・・」と通知バーに出てそのまま更新作業に。。

てっきり Windows Live Mailのアップデートかと思ったら、写真、ムービー、インスタント メッセージング、電子メール、ブログ作成、ファミリーセーフティ、ファイル同期をパワーパックとして出しているものらしく、せっかくMailだけインストールしたのに全部入ってしまいました。

Windows Live Essentials 2011詳細ページはこちら
http://welovewindowslive.wordpress.com/2010/10/04/essentials-windows-live-essentials-2011-%E3%81%AE%E6%8F%90%E4%BE%9B%E9%96%8B%E5%A7%8B/

 

余計なことすんなって感じ。

このWindows Live Essentials 2011の正式リリースは2010年10月1日なので、なぜ今頃って感じもあります。
更にいうとMicrosoftの製品群でLiveだのなんだのよくわからない感がありますので、結構な人がApple Mac (Macintosh) のOSアップデートが安価で標準アプリなどのすっきり感などを好んでパソコン購入しているようです。

ちなみにWindows Live Essentials 2011をインストールしているとMessengerのインストール時にFacebookか、最近流行り始めたLinkedinと連動できるようです。

どっちもやってないので詳しくはわかりませんが・・。

今話題の商品や、その他のおすすめはこちら

【Microsoft ストア限定】3点セット:Surface Pro (i5 / 256GB / 8GB モデル) + 専用 タイプ カバー (ブラック) + 専用 ペン (プラチナ) 【純正】JHH-00002
マイクロソフト
はっきり言って家の中、外出先で使うにはこれ一台ですべてOK! 私も使っていますがこれ1台ですべて対応できるのでディスクトップマシンの使用頻度が下がりました(^-^;
Bose QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Amazon Alexa搭載 ブラック
BOSE(ボーズ)
¥40,700(2019/10/31 23:28時点)
上のSurface Proとセットで使用していますが、さすがBOSE! ほかのヘッドホンなどまったく使う気がしなくなるほど素晴らしいです。
Microsoft Office 365 Solo (最新 1年版)|オンラインコード版|Win/Mac/iPad|インストール台数無制限(同時使用可能台数5台)
マイクロソフト
¥12,019(2019/10/31 23:37時点)
Microsoft Officeはパッケージで買う時代は終わり、これからは安価に最新版をすべてのパソコンにインストールする時代です。
カスペルスキー セキュリティ (最新版) | 3年 5台版 | オンラインコード版 | Windows/Mac/Android対応
カスペルスキー
¥11,250(2019/10/31 23:06時点)
3年間のコストは最安で、機能が充実しておりTRENDMICROよりも軽く、Symantecのように不具合も少ないおススメのアンチウィルスソフトウェア